メニュー
このサイトは有料テーマ『SWELL』を使用しています
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

Screenpresso無料版ダウンロードとおすすめ初期設定【超初心者】にもわかりやすく解説

こんな悩みや疑問
  • Screenpressoのダウンロードページが無料か有料かわかりにくい
  • 無料なのに課金されるのでは?
  • 確実に無料版Screenpressoをダウンロードするには?
  • 初期設定が面倒くさそう
この記事を読むことでわかること
  • 無料版Screenpressoのダウンロード方法
  • Screenpressoの特徴
  • おすすめな初期設定ですぐに使用できます
よかもりです

僕は仕事で資料を作るときにはPowerPointやExcelを使用するんですが、挿入画像やデータは『Screenpresso』で編集しています。おかげで作成する資料はわかりやすいと高評価をもらっています。

そんな高性能なScreenpressoですが、機能を制限された無料版でも十分に使用できます。僕は使用頻度が高いので有料版を使用していますが、この記事は無料版の機能だけで作成した画像や注釈を使用しています。

Screenpressoは超初心者にも優しい画面キャプチャツールなので、この記事を参考に使用してみてくださいね。

本文では専門用語をなるべく省いて、わかりやすい記事になっています。
目次を作成しているので、手順通りに進めていくとよりわかりやすくなっています。

目次

Screenpressoダウンロード注意点

  • Screenpressoは大変便利なツールですが、対応OSはWindowsです。Mac、ios、androidには残念ながら対応していません。
  • 無料版をダウンロードする時に、Screenpresso公式サイトでの個人情報の入力がないので気軽に使用できます。
  • 海外製フリーソフトですが、日本語に対応しているので英語が苦手な人でも安心して使用できますよ。
  • ちなみに公式サイトではスクリーンプレッサーと表記しています。

Screenpresso公式ページへ

まずはScreenpresso公式サイト『スクリーンプレッサーをダウンロード』へアクセスしましょう。
面倒な方は下記からScreenpresso公式ダウンロードページへアクセスできますよ。

公式ページから無料版がダウンロードできます

Screenpressoをダウンロード

スクリーンプレッサーを無料で入手

ここは無料版Screenpressoを入手するための操作です。

赤色ボタンスクリーンプレッサーを無料で入手』をクリックします。

Screenpressoをダウンロード

ダウンロードページには最新バージョが準備されています。

赤色ボタンScreenpressoをダウンロードする』をクリックするとダウンロードが始まります。

メールマガジン購読

『メールマガジンの購読』配信希望のメッセージが表示されます。

スキップを選択すると発行されません。
(メールマガジンを購読したい人はメールアドレスを入力してください)

ダウンロード完了確認

ダウンロード完了

ダウンロードが完了するとモニター画面左下に『Screenpresso.exe』ファイルが表示されます。

クリックをして次へ進みましょう。

表示が出ない

パソコンの設定によっては、メッセージボックスが表示されます。
実行or次へをクリックするとインストールが始まります。

インストール先の選択

インストール先の選択

ダウンロードしたScreenpressoプログラムファイルのインストール先を選択します。

おすすめはパソコンへインストール!

  1. 同意しますにチェック
  2. コンピュータにインストールにチェック

インストールが始まるので、何もしないで待ちましょう。

インストールせずに起動するとは

パソコンにインストールしないで使用する方法です。簡単に説明するとUSBメモリーを使用して持ち運ぶことができますが、毎回ソフトを立ち上げる操作が必要になります。Screenpressoは複数のパソコンにインストールができるので、共有機能を使った方が操作が少なく便利です。

インストール完了確認

正常にインストール

正常にインストールがされるとメッセージボックスが表示されます。
『OK』をクリックしてください。

オレンジ色アイコンscreenpresso

インストールが完了すると、モニター画面右下のツールボックスに『オレンジ色アイコンscreenpresso』が表示されます。

このまま初期設定をする人は、『screenpresso画面』を閉じないでください。

よかもりのアイコン画像よかもり

インストールお疲れさまでした。
このまま初期設定までやってみましょう。

初期設定画面を開く

レンチマーク

初期設定画面を開く操作です。

画面右上の『レンチマーク』をクリックすると操作画面が開きます。

設定を開く

操作画面から設定を選択すると初期設定ができるようになります。

初期設定

よかもりのアイコン画像よかもり

おすすめの初期設定を紹介しますね
設定項目は赤字にしてます

基本設定

基本設定
  1. Windows起動時に自動起動する→ON
    パソコンを立ち上げるとScreenpressoも自動で立ち上がります。
  2. Screenpressoの改善のため、使用状況レポートを匿名で送信する
    レポートが送信されるので気になる方はOFFにしましょう。
  3. Screenpressoの自動更新を有効にする→ON
    新しいバージョンが出たときはメッセージボックスが表示されます。自動更新するかどうかは一度聞かれるのでONにしても問題ありません。
  4. クイックキャプチャウィンドウON
クイックキャプチャー

モニター画面上部にScreenpressoのウインドウが隠れています。マウスカーソルを表示マークに合わせると操作画面が表示されます。

  1. 言語日本語
  2. ワークスペースの保存先Pictures
    デフォルトでは『Cドライブ>ピクチャ』の中に『screenpresso』フォルダが作成されます。
    保存先の指定がある方は変更してください。
  3. ワークスペースの表示位置を保存する
    前回閉じたフォルダから再開できるので便利なんですが、無料版は1つのフォルダしか登録できないのでOFFのまま使用しても問題ないです。

スクリーンショット設定

スクリーンショット設定
  1. 初期設定の画像形式PNG
    JPG/GIF/PNG/BMP/TIFから画像形式を選択できますが、保存するときにも指定できるのでこのまま使用します。僕はPNGのまま保存しています。
  2. 保存するファイル数10000
    保存できる画像数です、最大10000まで画像を保存できるので10000に変更しましょう。
  3. ファイル名日付と時間(初期設定)
    日付と時間/連番に設定/ユーザー設定ができます。僕は画像編集のあと保存するときにファイル名を付けています。
  4. スクリーンショット後の操作ワークスペースを開く(初期設定)
    初期設定のワークスペースを開くは直ぐに画像加工ができるので便利です。
    他には、内部エディターを開く/通知を表示/何もしない/画像を印刷から選択できます。
    あとでまとめて画像加工する人は『何もしない』を選択するといいでしょう。
  5. クリップボードの内容画像
    難しい設定になるので画像のままで問題ありません。
    ちなみに画像はバイナリデータで保存され、ほかにファイルパスを選択することもできます。
  6. 背景をクリーンON
    画像のウィンドウ枠が半透明な場合は、背景画像を排除してくれます。
  7. カーソルをキャプチャON
    マウスカーソルも一緒に画像に入れるのか?写したくないときはカーソルを画面の外に動かせば写らないのでONのままで問題ありません。
  8. 画像のサイズ変更はい
    画像の使用目的がWEB、パワーポイントは解像度72DPIに変更しましょう。
    印刷目的の場合は300DPIに変更。
画像のサイズを変更する
  • %で指定
  • 高さ
  • 最大サイズ
  • 幅と高さの設定
  • 解像度を最大サイズに合わせる

解像度以外の6項目は画像を保存するときに指定できるのでここではデフォルトのままでOKです。

  1. 画像効果いいえ
    有料版の機能
画像効果設定

画像枠の設定ですが初期値で設定するのは有料版でしかできません。
ですが、無料版でも画像を加工したあと保存のときに設定を変更できます。

  1. すかしいいえ
    有料版の機能
すかし設定

すかしの影の度合い、大きさや場所は任意で設定できますが有料版の機能なので無料版では設定できません。

  1. カスタムデスクトップいいえ
    Screenpressoを起動したときにデスクトップの背景が変わります。
  2. キャプチャを遅らせて起動いいえ
    初期設定で設定しなくてもスクリーンショット前に設定できるので、僕は使っていませんが必要に応じて設定してください。

共有設定

共有設定

ワークスペースにある画像を共有保存できます。
複数登録も可能なので、画像によって共有先を選択できます。

自分が使っている共有クラウドを選択してください。
おすすめはGoogleDriveGoogleフォトに保存できるので便利です。

Twitterを登録しておくと、スクリーンショットした画像をダイレクトに送れますよ。

動画キャプチャ設定

Screenpressoは動画を撮影してGIFアニメを作成することもできるんです!すごいですね。
次回GIFアニメを作成したときに別記事で詳しく紹介するので、ここでは省略させてください。

ホットキー設定

ホットキー設定

ショートカットを自分好みに設定できますが、デフォルトのままで問題ありません。

高度な設定

高度な設定は難しそうですが簡単に設定できるので、2つだけ便利な設定をしましょう。

高品質のまま圧縮設定

スクリーンショットした画像を高品質のまま自動圧縮してくれる便利な機能です。

『DefaultRecompressEnable』をTrue

ワークスペースの画像影設定

デフォルトではワークスペースの画像に影が付くと表示が小さくなるので影が付かないようにしましょう。

ワークスペースの画像影

『WorkspaceThumbnailDrawReflection』をFalse

以上でScreenpresso無料版のダウンロードと初期設定の解説は終わりです。
最後にもう一度内容の確認とScreenpresso無料版の残念なところも説明しますね。

Screenpressoダウンロードと初期設定のまとめ

ダウンロードのまとめ
  • Screenpresso公式ホームページーから『スクリーンプレッサーを無料で入手』をダウンロード
  • パソコンへインストール
初期設定のまとめ
  • 基本設定
    • Windows起動時に自動起動する→ON
    • Screenpressoの自動更新を有効にする→ON
    • クイックキャプチャウィンドウ→ON
    • 言語→日本語
    • ワークスペースの保存先→Pictures
  • スクリーンショット設定
    • 初期設定の画像形式→PNG
    • 保存するファイル数→10000
    • ファイル名→日付と時間(初期設定)
    • スクリーンショット後の操作→ワークスペースを開く(初期設定)
    • クリップボードの内容→画像
    • 背景をクリーン→ON
    • カーソルをキャプチャ→ON
    • 画像のサイズ変更→はい>解像度72DPI
  • 共有設定
    • GoogleDrive>Googleフォトがおすすめ
  • 高度な設定
    • DefaultRecompressEnableをTrue
    • WorkspaceThumbnailDrawReflectionをFalse
使えない機能
Screenpresso無料版の残念なところ
  • 一度編集した画像は再編集ができません
  • ワークスペースフォルダが1つしか使用できません
  • 動画を再生すると最後にScreenpressoのロゴが入り、有料版でしかロゴを外すことができません
  • ビデオキャプチャが15秒に制限されます
  • アップグレード広告が表示されます
  • アンドロイドセンター機能が使用できません
  • カラーピッカー機能が使用できません
  • 再圧縮機能が使用できません
よかもりのアイコン画像よかもり

別記事『Screenpresso【価格】はいくら?有料版Pro機能で作業効率アップ!』にて有料版で出来ることをわかりやすく解説しているので遊びにきてください!
以上よかもりでした

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる